仕事内容|転職先を探している人必見【建築・施工管理採用の求人サイト】

仕事内容

仕事

施工管理とは

施工管理とは、建築現場で工程管理や安全管理・品質管理を担当する役職のことを言います。建築現場が大きくなればなるほど、施工管理の技術力や知識力が必要になってきます。工事を計画的に進めたり、質の高い建物を建設するためにも施工管理は欠かせない存在です。施工管理の仕事をするためには、国家資格でもある「施工管理技師」を取得しなくてはいけません。この資格を持っている人の主な仕事内容は、発注者との打ち合わせや、現場で働いている技術者や作業員への指導・監督です。そのため、技術だけではなく、コミュニケーション能力も必要になる場合があります。

施工管理技師ができること

一級施工管理技師の資格を持っている人は、建築業者が新しい営業所を設立するとき一般建設業営業所などで専任技術者として働くことができます。建築関係の仕事で出世するときも、別の会社に転職するときも有利になるため、建築関係の職場で働きたいという人は持っていたほうがお得と言われています。施工管理技師の資格レベルが高いと、採用されやすくなり、更に昇給しやすくなります。施工管理技士の試験を受けるためには、学歴と実務経験などが必要になるため資格取得を目指している人は早めに勉強しておいた方が良いでしょう。実務経験に必要な期間は、学歴や技術者として働いた期間や、2級施工管理技士の資格を持っているかで変わると言われています。

資格取得方法リスト

  • 独学(過去の問題集や参考書を書店で購入して自力で勉強する方法)
  • 通信教材(通信教育会社から参考書や問題集を購入し、定期的に模擬試験が受けられる)
  • 講習会(施工管理技師の試験前に大手企業が開く講習会で、重要ポイントを教えてもらえる)
広告募集中